×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベトナム株ファンド入門

ベトナム株/ベトナム株口座開設/ベトナム株ファンド/ベトナム株情報/ベトナム株投資信託/ベトナム株投信

ベトナム株式の人気の秘密


ベトナム株の取引は「ホーチミン証券取引所」と「ハノイ証券取引所」の二箇所で取引がされます。
ホーチミン証券取引所は、2000年7月、ハノイ証券取引所は2005年8月に開設されました。
これを見てもわかるように、ベトナム株は、開設されてまだまだ日が浅い市場で取引がされています。

上場している企業の数も、両方の取引所を合わせても200社余りで、
時価総額においては、日本の240分の1と言う規模しかありません。
まだまだ小規模なベトナム株式ですが、投資家の間ではとても注目を集めている株式となっています。
それには幾つかの理由が挙げられます。

まずは、ベトナム政府の動きです。
先ほども述べたように、ベトナム株式は、上場企業が現在ではまだまだ少ないですが、
2009年を目途に770社の上場をベトナム政府は計画しています。
ベトナム株式市場での上場企業が1000社を超えるのも、そんなに遠い未来では無いと考えられます。
同時に、株式時価総額も短期間に現在の10倍とも言える数字に拡大すると見られていますから、
この勢いに投資家達が目を向けない訳が無いのです。

他にもベトナム株が注目される理由として挙げられるのは、中国株の存在です。
外国株式において、現在一番の人気の中国株ですが、やはり株式と言うものは、
どちらにどう動くかわからない取引です。
そこで、投資家達は分散投資でリスクを最小限に留める事を考えます。
その分散先として、ベトナム株に投資する動きが急激に拡大しているのです。
ベトナム株口座開設にあたって


外国株式を始めようとお考えの方、
現在はベトナム株に投資家達の人気は
高まっています。
ベトナムは、まさに「高度成長期」を迎えており、
中国に次ぐ成長率となっています。
その成長は、今後も益々伸びるとされていて、
ベトナム株口座開設にはまたと無いチャンスなのです。

それに、ベトナム株は、続々と企業が民営化されていることもあり、上場企業数が急増しています。
投資先が増えていることが、ベトナム株口座開設をしやすくなっています。

投資銘柄に制限があることが多いのが、
外国株式の敷居が高くなっている理由の一つですが、
ベトナム株の場合、個別銘柄が自由に買えると言う事も、投資家にとってはポイントが高くなっています。
もちろんそれは、ベトナムの国自体が、
安定しており、労働人口が多く、
今後益々その数は増え続けていくと言う、
企業の将来を見ても安定していると言う根本が
あることはもちろんのことです。
その安定性を担っているのは、
国民一人ひとりが勤勉で、
教育水準が高く優秀であると言う事に尽きるでしょう。

このように、ベトナム株の将来性は
充分に見込まれます。
しかし、いざベトナム株口座開設となる前に
知っておかなければならないこととして、
まだまだ株が流動的であると言う事です。
ちょっとした原因でも大きく乱れたりするのが、
小さな市場のリスクです。
日本の市場では考えられないような自体に
突然陥る可能性もあります。
それに、日本人がベトナム株を購入しようと思っても、
購入可能な株の割合は49%までと決められています。
そのような知識も踏まえて、ベトナム株口座開設を検討されてみてはいかがでしょうか。




スポンサードリンク

スポンサードリンク


ベトナム株のファンドの種類


ベトナム株を購入する上で最も現実的なのが、ベトナム株を主軸としたファンド、
すなわちベトナムファンドを購入する事です。
とは言っても、ベトナムファンドの種類は様々で、投資する対象は非常に多く、
どういったものがあるのかを把握しておかないと、
何が何やらさっぱりわからないという状況に陥ってしまいます。
そこで、ここではベトナムファンドの主な投資対象の種類について幾つか挙げてみます。

まず、最も基本的なのがベトナム株式です。
ホーチミン、若しくはハノイ証券取引市場に上場している銘柄や店頭銘柄、
IPOなどの事を指します。
国内株式をしている人は直ぐピンとくるでしょう。

次に、ベトナム債券です。
債券も国内で同じように扱われているので、
馴染みのある人が多いかと思います。
不動産もあります。
これも同様に馴染みがある対象と言えるでしょう。

他にも、株式連動債、いわゆるリンクノートと呼ばれるものもあります。
これは、債券の償還価格がベトナム株の株価の上下動推移に連動している債券です。
主に投資銀行などが発行しているようですね。

投資信託もあります。
ただ、これは日本国内と同じ性質で考えるのは少し危険で、
ベトナムファンドにおいては、ユニット型、クローズドエンド型が多く見受けられます。

それぞれにメリット・デメリットがあり、どの投資対象がオススメというものはありません。
株式は日本国内同様リスクが大きくリターンも大きいとされ、
投資信託はどれだけ信用が出来るかと言う部分では国内よりも不安材料が多いかもしれません。

そう言った性質をしっかり踏まえた上で、自己判断の元に購入を検討するようにしましょう。
日本でのベトナム株口座開設方法


ベトナム株を購入したいけれど、現地まで行って口座を開く事は出来ない、
或いはそのような時間がない、と言う人は多いかと思います。
むしろ殆どかもしれませんね。
そこで、ご紹介したいのは、日本で行えるベトナム株の口座開設方法についてです。

ベトナム株の口座開設方法は、現地に行くのと日本で行うのでは全く違います。
現地ならば直接担当の方と会話しながら書類などを作成していくのですが、
日本にいながらベトナムの証券会社と契約する場合は、証券会社に申請後、
自分で取引に必要な書類などを作成する事になります。

証券会社によっては、口座作成をサポートしてくれるところもあります。
BSC証券などがそうです。

まず、ホームページのお問い合わせフォームを利用して口座の申し込み依頼を行います。
日本語で行えるので、戸惑う必要はないかと思います。
すると、口座開設の為の必要書類が郵送されてくるので、
必要書類と売買用の伝票にサインし、それを指定の住所に郵送すると言う形になります。

日本で手続きを行うデメリットは、不手際があった際にその問い合わせの返答がかなり遅いということです。
日本のように几帳面な返答はまずないので、数日?数週間を覚悟する必要があります。
ですので、口座開設までかなり時間を要してしまうと言うケースも少なくありません。

やはり、現地で直接担当者と話をしながら行うのが一番確実なのですが、
そう簡単に実現できる事ではありません。
そのため、このような口座開設方法が生まれたのでしょうね。

ベトナムでのベトナム株口座開設方法


ベトナム株を購入するに当たって、
ベトナムの証券会社に口座を開く場合、
その手続きは日本でもできますが、
現地であるベトナムで直接行う事もできます。

どう言った手続きを行うかは
証券会社によって違うので、
ここでは幾つか例を挙げて説明したいと思います。

まず、SSI証券で口座を作成する場合は、
パスポートと資金の用意、
そして書類作成の為の個人情報の連絡を
あらかじめしておく必要があります。
個人情報に関しては、名前、性別、メールアドレス、現住所、郵便番号、電話番号、
FAX番号(任意)、パスポート番号、
パスポート発行日、パスポート有効期限日、
生年月日をそれぞれローマ字で
連絡する事になります。
これらの準備が終わると、
今度は現地での契約となります。
一通り説明を受け、あらかじめ連絡しておいた
個人情報によって作成された書類にサインし、
日本国総領事館とBIDV銀行に
赴いたら手続き完了です。
所要時間は大体3時間程度のようです。
ただし、事前に証券会社にアポイントメントを取る必要があります。
口座開設までに掛かる日数は
混み具合によって2週間?2ヶ月とまちまちです。

VDSC証券の場合は、
当日現地で個人情報を紙に記載し、
それを元に作られた証券仲介取引合意契約書、
証券取引コード取得申請書、
外国人個人投資家情報開示書、
署名見本登録書、銀行の口座開設申請書、
銀行の証券取引口座開設認証申請書、
銀行への委任状と言った必要書類に
それぞれサインします。
更に、今後の取引に必要な売買伝票に
サインします。
後は、説明を受けて、領事館の承認許可の
書類を作成し、その後銀行で口座を作成し、
領事館へ移動して書類を提出すれば
手続きは完了です。
資金はこの際に支払います。
口座開設には2週間?2ヶ月が必要です。

ベトナム株の口座を作る場合、現地まで行って
手続きを行う一番のメリットは、時簡短縮です。
日本だと、問題がある度に問い合わせのメールを送り、その返送に数日、最悪数週間を要するので、
開設までかなり時間が掛かる場合があります。
それに対し、現地まで行けば、
ます一日で終われます。

ベトナム株の口座開設を考えるなら、
現地での手続きも視野に入れておきましょう。
ベトナムでのベトナム株口座開設にかかる費用


ベトナムの証券会社でベトナム株の
口座開設を行う場合、
現地のベトナムに赴いて口座開設の手続きを
行う方法と、日本国内で行う方法の二つがあります。

ベトナムでベトナム株の口座開設を行う場合は、
ある程度費用が掛かる事を念頭に入れておく
必要があります。
どれくらいの費用が掛かるかは
ベトナム株の証券会社次第ですが、
ここではSSI証券とBSC証券についての
必要経費をご説明します。

SSI証券では、まず最初の保証金として
10,000ドル用意する必要があります。
また、最低保証金として1,000ドルは
常に必要となります。
そして、口座開設料として200ドル、口座維持料として毎月100ドルがそれぞれ必要です。
加えて、公開株の仲介手数料に取引額の0.5%、
未公開株の仲介手数料に取引額の1%が必要となります。

IPO/OTCを申し込む場合、
手数料として200ドル用意しなければなりません。
これらの他にも、日本語サポートを受ける場合は、
口座維持料25ドルを毎月支払う必要があり、
証券口座を閉鎖する場合にも手数料として
100ドル支払わなければなりません。
ただ、頭金に関しては、
支払うのではなく用意するだけで、
このお金は手数料ではなく
自分のお金として使う事が出来ます。

BSC証券の場合、まず単独で証券倍者に行く場合と、
ツアーで行く場合で料金が変わります。

単独で行く場合は、
日本国総領事館に240,000ベトナムドン、
BSC証券へ400,000ベトナムドン(合計約4200円)を
支払う必要があります。
ただし、領事館での認証受取を自分で行い、
BSC証券へ持参した場合は
240,000ベトナムドンが返金されます。
また、日本語サービスを受ける場合は、180ドルが必要となります。

ツアーの場合は、ツアー代金として
100ドルを支払う事で、
送迎代を含む全てのフォローがされます。
ただし、日本語サービス料は別途180ドルが必要です。

ベトナム株のリスク


株取引は、数ある金融商品の中でも
ハイリスクハイリターンの部類に入る商品と言われています。
実際、億万長者になった人もいる一方で、
資産を大きく減らしてしまっている人も少なくありません。
株取引を行う以上、そう言ったリスクにも目を向けなければならないのです。
そして、それはベトナム株でも例外ではありません。

ベトナム株は今最も勢いのある外国株として注目を浴びていますが、
その一方で、外国株ゆえのリスクも存在します。

まず、為替変動リスクと言うものがあります。
これは、外国株である以上必ずついてくるリスクです。
為替レートによる上下動、外国政府による潜在的な介入などがこの範疇に入ります。

次に、カントリーリスクです。
大きな発展を遂げているベトナム経済ですが、まだ安定しているとはいえません。
法制度や規制の整備もまだまだ未完成で、
いきなりガクンと落ちてしまう可能性もゼロではないのです。

更に、ベトナム企業はまだまだ国際レベルのコーポレートギャバナンス、
或いは法制度といったところに対して非常にルーズなところが多く、まとまりがありません。
よって、内部分裂や不祥事などによっていきなり株価が下落する危険性もあるのです。
情報開示に関しても、まだ完全には程遠い状況です。

ベトナム株を購入するならば、こう言ったリスクをしっかり把握し、
危機管理を徹底する必要があります。
もっとも、これはベトナム株に限らず、全ての金融商品に言えることでもあるのですが。
ベトナム株情報を仕入れ方


ベトナム株情報として初心者が抑えて
おかなければならないポイントがいくつかあります。
まずは、ベトナム株情報の仕入れ方です。
日本に居ながらにして、
ベトナム株式を取引するには、
自らが動いて情報を得る事をしなければ、
なかなか勝手に入ってくるものではありません。
株取引で大切なことはなんと言っても、
ベトナム事情を把握することですから、
常日頃「ベトナム」を身近に
感じていなければなりません。

そのために、有効活用すべきものがウェブサイトです。
幾つかのサイトで、リアルタイムなベトナム株情報を
仕入れることができます。
株式情報のみでなく、日本のニュースや
新聞ではなかなか手に入れることができないような、
政治や情勢ネタを仕入れることによって、
今後市場を動かしかねないようなことにも
敏感に反応できます。

また、ベトナム株取引をはじめるには、
ベトナム株口座を開設しなければなりません。
いくつかの方法で開設は可能ですが、
開設される方によって、
条件や適正が代わってきます。
より自分に向いた方法で、手間やお金を必要最小限に済ますことができるような開設が
できるカギもウェブサイトから引き出すことができます。
お薦めなのは、「口座開設サポート」の利用です。
日本に居ながらにして、もしくは、
現地に足を運ぶついでに・・・
安心で確実なサポートサービスを利用して手間なく無駄なく口座開設をしましょう。

ベトナム株は、銘柄によっては、
購入できない場合があります。
これは、外国人の保有比率が決まっているためで、
その枠がいっぱいになってしまっている場合は、
欲しくても買えないのです。
このような情報もウェブ上で確認ができますので、
そちらで確認すると良いでしょう。

ベトナム株取引の始め方


ベトナム株取引を始めるにあたって、
まずは口座を開設しなければなりません。
ベトナム株は日本の証券会社との取引ではなく、
現地の証券会社との取引になります。
この口座を開設しない限り、
ベトナム株取引は行えません。

個人投資家が自らの手でベトナム株口座を開設するには、大使館やベトナム外務省をはじめ、
証券会社、銀行などとの手続きが必要になります。
現地の言葉に長けている人ならば別ですが、そうでない人がいきなり出向いて
手続きすることはかなり難儀なことです。
そのため、現地で通訳を手配して手続きをする方法が考えられます。

しかし、そのためにわざわざ現地に何日間も滞在して、
手間と費用をかけてベトナム株口座を開設しなくても、他にも方法はあります。
ベトナム四大銀行の一つである、ベトナム投資開発銀行に口座が開設できるサービスであれば、
わざわざ現地に出向かなくても、日本に居ながらにしてできるのです。
しかも、費用も二万円弱(法務局での手続き費は別)でできると言いますから、格安です。

また、出張などで現地に出向いたついでにと言う方であれば、
ホーチミン市またはハノイ市でベトナム株口座を開設するサポートをしてくれるサービスもあります。
もちろん、ベトナム株口座開設のためのサービスですから、日本語のできるガイドが手続きに
関するサポートを行ってくれて、
諸費用も込みで100ドルと言いますから
ついでに・・・と言うのであれば、
とてもお値打ちです。
このように、それほどの手間やお金をかけなくてもベトナム株取引は始めることはできるのです。
ベトナム株購入のポイント

ベトナム株取引を始めるにあたって、
口座の開設手続きが終ったら、
ベトナム株購入に向けての準備として、
銘柄を選ばなければなりません。
銘柄選びには幾つかのポイントがあります。
これらのポイントを抑えて、
ベトナム株購入の目安にしてみてはいかがでしょうか。

まずは、当然ながら企業の業績が
上がっているものを選びましょう。
ベトナム株が注目される理由はなんと言っても経済成長率の良さです。
この経済成長を支えている業種が、
ベトナム株を支えていますから、
そのような業種を選びましょう。
また、ベトナムの急成長が認められた証でもあるように、ベトナムはWTOへの加盟を果たしました。
この加盟が功を奏する業種も出てきます、
それらに値する業種であるかを見てみましょう。
そして、やはり、日本人投資家の様に、
外国人の投資家によるベトナム株購入が
益々現地企業を発展させていきますから、
外国人投資家の保有率が伸びている銘柄を
選びましょう。

現地の経済情勢について
常にアンテナを高くしていることや、
まだまだ規模が小さい市場なため、
流動的な株式であることを
頭に入れて市場全体の動きに目を向けて
ベトナム株購入をすることが必要です。
そのためにも、インターネットを活用して、
日本に居ながらにして、
リアルタイムでベトナム株情報を
手に入れることができるサイトをおさえておきましょう。

サイトによっては、ベトナム株の基礎知識であったり、
質疑応答をしてくれるサイトもありますから、
フルに活用されてみてはいかがでしょうか。

ベトナム株投資の情報


現在、外国の株の中でも特に注目を浴びているのが、ベトナム株です。
と言うのも、このベトナムは現在アジアの発展途上国の中で
最も潜在能力の高い国と言われているからです。
未開拓の市場の中では一番期待されているのです。

そんなベトナム株に投資したいと言う人はかなりいるようで、
その手助けとなる情報もインターネット上にはかなり存在しています。
口座の作り方や運用のノウハウ、実際にベトナム株に投資して大もうけした人の体験談など、
ベトナム株投資に役立つ情報が沢山あるので、
ベトナム株の投資について知りたい人は検索してみるのも良いかと思います。

特に最近多いのは、ブログです。
ベトナム株の投資に関するブログは日に日に増えています。
ブログ自体が流行っていると言うのもありますが、
その利便さもあって、実際にベトナム株に投資している人が
レポート形式で解説していると言うケースが多いようです。

ベトナム株と言う言葉を聞くことはあっても、実際にそれがどう言うものか、
何故注目されているのかピンと来ない人が多いかと思います。
そう言う状態で投資しようとは思わないですよね。
ですから、実際に投資している人の言葉を見るというのは非常に参考になると思います。

どう言う投資の仕方をすれば良いのか、どんな成功例があるのか、
リスクはどの程度なのか、などと言った、知りたい事を全部知る為には、
体験した人の談話を閲覧するのが最も効率の良い方法だと思います。